【働くとは】何のために働くか?への回答方法

働き方

働くとは?どのようなことでしょうか?
なかなか具体的に考えたことがある人は少ないでしょう。
しかし、人生幸せに生きるためや、就活、転職を考えている人は、働く理由をわかっていた方が、良かったりします。

「何のために働いているのか?」
「就活や転職する時、働く理由を何と答えればよいのか?」
「働いた先にどのような人生を本当は望んでいるのか?」

このようなことを、知りたいという方は多いでしょう。

そこで今回は、実際に就活、転職(2回)、5つのビジネスをしてきた経験から、自身の体験も踏まえつつ下記のことを解説します。

・就活、転職に役立つ何のために働くか?への回答方法
・何のために働くかを明確にすることの大切さ
・働く理由を明確にし、就活、転職を成功させる方法

このページをご覧頂ければ、上記の悩みを理解し、解決に導きます。

【働くとは】何のために働くかを明確にすること

そもそも働くとはどういうことか?
就職して働くということは、企業に所属し、その企業の目的を達成するための労働力を提供し対価として報酬を得ます。

就職している人の場合、その給与によって生活が成り立ちます。
お金は仕組みを持っていない人以外は、基本的に働くことによって得ることができるため、就職している以上、生きていくためには働く必要があります。
働いている以上、何のために働くかを明確にすることは大切です。

働く理由が決まっていれば就活、転職にも活かせる

働く理由が決まっていると、就活や転職に活かせます。
自分で何かビジネスとしたいと思った時も、ビジョンを立てやすくなるのです。
働く理由が明確な人は、仕事のモチベーションも上がります。
働くということに対して目的意識が生まれるからです。

働くことはあくまでも手段であり、目的を叶えるため働く必要があります。
働く理由が決まっている人は、叶える目的も明確になっているため、仕事のモチベーションが高く維持できるのです。

働く理由が決まれば得たいものを決める事ができる

働く理由が決まっているということは、目的意識がしっかりしているということ。
例えば、時間と場所を考えず自由に働きたいと思っている方がいたとしたら、得たいものは、お金よりも、自由な時間と暮らす環境ということになります。

このように目的意識がしっかりしていると、就職するならリモートワークを選択します。
それか、時間と場所を左右されないパソコン一台で仕事ができるフリーランスになるために、スキルを身につけられる会社に就職という選択をするかもしれません。

このように働く理由が明確になっていることは、とても大切なことなのです。

働く目的8選

働く理由は、人の価値だけあると思います。
働く理由を明確にする時、多くの人が考える代表的な「働く目的8選」をご紹介します。

収入を得て生活するため

お金がないと生きていくことがそもそもできません。
これは社会人の働く目的の基本になると言えるでしょう。
また、自分で働き収入を得ることは、誰かに依存せず、自立する上でも必須条件です。
1人の人間として社会で自立していく上で、まずは働くことは避けては通れません。

働いて色々な経験をつみ、そのまま同じ会社で働き続けるのか?転職するのか?独立するのか?が見えてくるケースも多いのです。

理想のライフスタイルを実現したい

働くことよりも、プライベートを充実させたいという人は多くいると思います。理想のラフスタイルを叶えるために、仕事をすることはとてもよい考え方だと思います。
仕事はあくまでも理想のライフスタイルを叶えるための手段に過ぎないからです。
この理想のライフスタイルを明確に持っている人は、何の仕事をしたいか?何の仕事をしなければいけないのか?を明確に決められる人が多いと思います。

自己成長したい(スキルを身につけたい)

自己成長をすることは、今後の時代生きていく上で1番のリスクヘッジです。
これからの時代は、いつ会社がつぶれるかわかりませんし、終身雇用は崩壊しかけています。
年金ももらえるかわからない時代です。
自己成長して自分で仕事をこなすこと、自分で考えて行動できることが1番のリスクヘッジです。
自己成長することを頭に入れながら働いている人は、まわりとの成長のスピードが格段に変わるでしょう。

将来の不安を無くしたい

終身雇用が崩壊しかけている現代で、1つの会社で退職まで働こうと思っている人は少ないと思います。
また、将来病気や事故で働けなくなる可能性があるから、働ける今のうちにたくさん働き、貯蓄しておきたいと思っている人も多いと思います。
また、仕事を通してスキルを身につけておくことで、もし今の仕事を失うようなことがあっても、何とか生きていく方法を身につけたいと考えている人も多いでしょう。

人と関わりたい

仕事は一人では進めることができません。
必ず誰かと助けあうことや、お客様と関わることにより、仕事は成り立ちます。
特に20代は仕事を通してそれらさまざまな人と関わり、勉強することも多く、「人は人で磨かれる」と言われる程、人との関わりは大切なことです。
社会の中で自分の役割を果たすということを、働くことの目的と考える人もいると思ういます。

社会的ステータスを得たい

働くうえで、社会的ステータスを得たいという人も多いと思います。
社会的ステータスを得て、承認欲求を満たす。
承認欲求を満たすうえで仕事を頑張るモチベーションを持つことも大切な考え方だと思います。
成果を出して、人から評価を得ることは素晴らしいことです。
成果を出し、社会的ステータスを得るということは、多くの人に影響を与え、多くの人の役に立っているということです。

人の役に立つ

人に役に立つという思いで仕事をすることは、幸せになるうえで大切なことです。
仕事をし、報酬を得るということは、必ず人の役に立っています。
何か商品が売れるということは、誰かの悩みを解決していることです。
例えば、パン屋の販売の仕事をしているということは、パンを食べたいという人の食欲を満たしていることになります。
働くということは、どんな仕事であれ、必ず人の役に立っているということになるのです。

やりたいことを実現する

やりたいことは、仕事に関することの場合もあれば、仕事以外のライフスタイルの場合もあります。
例えば、「営業成績で社内トップになりたい」という場合もあれば、「ボーナスをアップさせて大好きな車を買いたい、家族や友達のためにお金を使いたい」というケースもあるでしょう。
働くということは、人それぞれの価値観にあった目標達成のために働くと考えている人が多いでしょう。

働くとは?人生の目的の明確化が大切

ここまで、人それぞれの働く目的や、仕事から得たいものを明確にしておくことの大切さなどを紹介してきました。
働くことに限らず、人生幸せに生きていくためには「目的を明確にして何事も取り組む」ことがとても大切になります。
なぜなら、誰もが限られた時間の中でそれぞれの責任を持ち、支え合って生きていくのが社会だからです。

与えられた機会を無駄にせず、周囲に協力してもらいながら進んでいくためには、人生の目的を持つことはとても大事です。ぜひ目的を持って就活や転職、副業などに臨み、最高のライフスタイルを送っていきましょう。

働く目的の明確化【具体例】

働く目的を明確にすることはとても大切なことです。
仕事はあくまでもライフスタイルを充実させるための手段なので、ライフスタイルでなにをしたいか?の明確化をすることがとても大切です。
わかりやすいように、具体例をご紹介します。

例えば、旅行が大好きで、場所を選ばず、働く時間を選ばず自由に生きたいと思っている方がいたとします。
この場合の必要な要素は、下記のような要素が必要になります。

①出勤がなく自由な仕事ができる
②何時から何時と働く時間に制限がなく、どちらかというと成果主義の仕事

このように目的の明確化がされると、就活や転職する時も目的の明確化をしやすくなります。

就活、転職の目的の明確化

上記のように、働く目的の明確化がされたら、就職、転職もしくは、自分でビジネスを始めたいと思っている人も、仕事も明確化ができます。
上記のような場合は、下記のような仕事の明確化ができます。

①就職するならリモートワークで自由に働く
②フリーランスになるなら、パソコン一台でできる仕事
③20代、30代で頑張って働き、大きく稼ぎ、その後資産運用で不労所得で生活

働くとは?元転職エージェントが就活・転職を成功させる方法

僕自身も転職を2回し、2社目は人材紹介の営業をしていました。
そんな僕が、就職・転職エージェントを使い、就活や転職を成功させる方法を解説します。

自己分析をする

就活や転職を成功させるためには、自己分析をすることが大切です。
まずは自分を知っていないと、自分が向いている仕事がわかりません。
自分の向いている仕事がわからないと、何の仕事をすればよいのか?何をアピールすればよいのかがわからないからです。

自己分析をすると自己PRができる

自己分析をすることは、自分の向いているものを把握することだけではなく、自己PRすることができるようになります。
何事も自己PRをできる能力はとても大切なことです。

就活や転職では、自己PRは面接で使えますし、自分でビジネスを持とうと思った時も、自分はどのような人間で、どのようなビジョンがあるから一緒に頑張ろうという自己を分析できていないと、人はついてきません。

自己分析をしっかりし、自分の言葉で自己PRできるように準備しておくことが大切です。

働くとは?元転職エージェントがオススメする転職エージェント2選

就活や転職をする上で、どこのエージェントを使うかはとても大切なことです。
エージェントとは、就職や転職をしたい人と、受け入れたい会社を繋いでくれる役割の人です。
会社の役割で言ったら商社みたいなものです。

エージェントは働きたい人のニーズを理解してもらい、的確にニーズにあった仕事を紹介してくれる大切な存在です。
的確なエージェント選択を間違えないようにしましょう。

就職・転職エージェントは基本全て無料です。
エージェントは必ず使うべきです。
就職や転職を成功させるためには、今すぐ行動することです。

5分程度で登録でき、しかも無料なので、今すぐ登録して、得られる情報を幅を広げましょう。
20代の就職・転職におすすめなエージェントは下記の2社です。

マイナビジョブ20’s

 マイナビジョブ20’s は、20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートします。

関東・東海・関西を中心にサービス展開をしています。
マイナビ唯一の20代専門サービス。人材サービスを幅広く扱うマイナビの中でも、20代を専門としているのはマイナビジョブ20’s のみです。
マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。 転職活動の始めから終わりまでサポートします。

マイナビジョブ20’s は20代の転職をいちからフルサポートします。
●適性診断
●キャリアカウンセリング
●求人紹介
●面接対策
●履歴書・職務経歴書の添削
●日程調整をはじめとした企業とのやり取りを代行
●内定後の入社交渉の代行
上記のサービスを全て無料にて提供しております。
充実したサポート体制が強みで求職者の転職活動を手厚くサポートします。

マイナビジョブ20’s は企業の人事部とのネットワークを築いているため、 企業が求めている人物像や合否の理由を、求職者にお伝えすることができます。 自分自身で転職活動を行っていては得られない情報を活用して、転職活動を有利に進めることができます!

非公開求人が80~90% マイナビジョブ20’s の取り扱い求人は、 通常の転職サイトでは掲載されていないような”非公開求人”が80~90%を占めています。 キャリアカウンセリングで求職者の適性を見た上で求人紹介を行っているため、 求職者自身で転職活動をするよりもミスマッチを防げます。 

マイナビジョブ20’sはこちら

「TOKYOインターンUP to 29」

TOKYOインターンUP to 29働きたい企業でしごとを体験してから就職できます。
参加企業はすべて若者の就職応援企業。
最大10万円の奨励金で就職活動を全力サポートしてくれます。
29歳以下の就職・就業経験のない方がおすすめ。
直近2年以内に、正社員の職歴が通算1年を超えない方もおすすめです。

正社員で就職したけれど、すぐ辞めてしまった 。
卒業後やりたいことがみつからないままアルバイトを続けている。
もうすぐ30歳。正社員として働けるか自信がもてない。
こんな方にTOKYOインターンUP to 29はおすすめです。

就職活動を何から始めていいか分からない。
職歴がないから応募書類が書けない。
一人の就活、誰かからアドバイス欲しい。
こんな方にもおすすめ。

TOKYOインターンUP to 29はこちら

【働くとは】何のために働くのか?への回答方法【まとめ】

結論、働く理由は人生のゴールが決まっているからわかるものです。
人生のゴールは明確なものではなくてもしっかりと持っている方がよいです。
生きている中で、人の価値観は変化していくものなので、人生のゴールも変化することもあります。

ゴールが決まっていないと、スタートも決められないので、しっかり人生のゴールを決めましょう。
人生のゴールが決まれば、働く理由が決まり、何の仕事をすればよいのかが明確になります。

働くとは人生を変化させていく面白いことです。
人生の変化をさせようと、就活や転職、副業、自分でビジネスを立ち上げようとしている人さまざまだとは思いますが、是非挑戦し続ける面白い人生にしてみてください。

就活、転職、ビジネスの立ち上げは、人を成長させます。
積極的に行動し、今すぐ行動しましょう。
この記事を読むことにより、皆様のよりよい人生になれば幸いです。

マイナビジョブ20’s※20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当

TOKYOインターンUP to 29※最大10万円の奨励金で就職活動をサポート

■あわせて読みたい記事■

【おすすめ】転職3社の経験から本当に役立った転職エージェント2社

会社がつまらないならやめるべき?【退職代行もあり】