【本質】飛び込み営業を20代で経験しておくのもあり【成果を出す方法】

働き方

飛び込み営業は大変な仕事で悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
僕もそうでした。

新卒二年目で上場企業の2000人中TOP10なり、その後、人材業界会社の立ち上げに携わり一から仕事を作った経験などから、記事を書いていきたいと思います。


このようなツイートをしました。

先日新卒で飛び込み営業の配属になり、大変。どうやったら成果がだせるか?と質問されました。
一回のアドバイスなので、数をこなしてPDCAを回すしかないと答えました。

しかし、結果が出ても出なくても飛び込み営業の経験はなんでもいかせると思います。
社会は人間が作っているので。

営業でどう成果を出したら良いかわからない。
営業が怖い、辛いと思っている。
営業をやろうか困っている。

など悩んでいる方はこの記事を読むことにより解決できます。

飛び込み営業を20代で経験しておくことは大切です

20代で飛び込み営業を経験しておくことは、個人的には大切だと思います。

僕も、新卒1年目は飛び込み営業で新規開拓担当でした。
最初の半年は1日50件〜100件程度飛び込み営業をしていましたが、契約は1件も取れませんでした。

計算すると6000件以上飛び込みしているのに、、、
最初の半年間は漠然と飛び込みをしていたので成果は一切でない。

新卒で新規開拓すると、こんな経験をしている人は多いと思います。
しかし、このような経験は財産。

僕は、飛び込み営業の経験が今の人生の基盤になっています。

6000社も回ると、世の中どのような会社があるかわかってきます。
しかもテレアポではなく、飛び込みは訪問する為、会社の空気感や、業界ごとにどんなタイプの人が多いのか?などがわかってきます。

この経験は、普通の人が経験できない経験値となります。
結果が出るか、出ないかは関係ありません。まず、人生の経験値として数をこなすことは大切なことです。

飛び込み営業が怖い、辛いと思っている人はどうすれば良いか?

飛び込み営業は、慣れないとメンタルやられます。
僕も最初の半年はメンタルやられました。

本当に無理だったらやめた方が良いです。
仕事や人間関係が合う、合わないなどは人にはあるので。無理にやる必要はないです。
転職しちゃってください。笑

日本には420万社あります。1社ぐらい自分に合う仕事は必ずあるので。
辛抱することも大切ですが、メンタルやられて病気にでもなったら終わりです。
健康第一。

転職に関して具体的なことが知りたい方は、こちらの記事を見てみてください。

簡単に転職先が見つかる考え方【転職する前の人生設計が大切】


話を戻すと、半年結果が出ず飛び込み営業が辛いと思っている方。
しかし、もう少し営業を続けようと思っている方は読み進めてみてください。
ここからが本題です。笑

飛び込み営業で結果を出す為にはどうすれば良いか?

結論から言うと答えはないです。笑

しかし、2年で売上を億以上作れた経験から話させてもらいます。

1番大切なことは工夫すること。
例えば、夏場はわざと汗かいてお客様のところにいっていました。
頑張ってるな。と思わせるために。

新卒1年目の営業マンに素晴らしい提案をしてもらおうとお客様は思ってません。
契約をいただける時は、この子頑張っているから力になってあげよう‼︎と思って契約をいただけるケースが圧倒的に多いです。

権力がある人程、このように人情味があるケースが多いのです。
ここを計算ではないですが、うまく使うのです。(僕の場合は)
30歳になっては使えませんが、、、

大手自動車メーカーから1億2000万円の契約を取った時の事例

新卒2年目大手自動車メーカーから1億2000万円の大型契約をいただきました。
しかも飛び込み営業、カタログ一枚からです。

最初のきっかけは飛び込み営業。
何回訪問しても一切話すら聞いてもらいませんでした。
しかし、会社のニーズにマッチしていたので、どうしても話を聞いて欲しかったのです。

一年かけて16回飛び込みに行きました。
今思えば、ストーカーですよね?笑

しかし、16回目に奇跡が起こりました。
特定の部署に対して受付の電話を鳴らして訪問していたので、何回も来ていることは知っていたそうです。
こんなに何回も来る営業マンは珍しい。試しにあってみるか‼︎と思って、常務取締役がシビレをきらして受付まで下りてきてくれました。
※この話は契約後、常務が教えてくれました。笑

初めてあって僕は常務の人間性に惚れました。
今でも付き合いがあり、実力者で人間味のある素晴らしい方です。
この人と契約して仕事がしたいと、会った瞬間思いました。

そこから月日が流れ、半年かけて契約成立しました。

僕が何故飛び込みに16回もいったのか?

16回も飛び込み営業したのは、孫正義さん(ソフトバンクグループ創業者)の本を読んだのがキッカケです。

孫正義さんはビジネスでどうしても成功したく、今後どのようなビジネスを行えば良いのかアドバイスをもらうために、当時のカリスマ経営者藤田田(日本マクドナルド創業者、日本トイザラス創業者)に飛び込みで会いにいっています。

何十回も飛び込みをし、やっと会えて、これからの時代はITだ‼︎アメリカに行け‼︎と言われて3日後アメリカに飛び立ったそうです。

アメリカで翻訳機を作り、シャープと提携したのが孫さんの最初の成功だそうです。

この物語を読み、規模は小さいですが、何回も訪問すれば成果は必ず出ると思って飛び込み営業を頑張りました。
下記の本が僕の人生に影響を与えた本です。

志高く 孫正義正伝

この本は何百万にも膨れ上がる。それ以上価値のある本だと思います。
孫さんの行動力のすごさが伝わってきます。
直感で感じた事をしっかりと行動に移し、実現しているところにも感銘を受けます。
ソフトバンクの取締役として、またファーストリテイリングの代表取締役の柳生さんのコメントも載っています。
そこには、この本を読んで、ぜひ行動して欲しいと。
志高く、行動することの重要性を感じられます。

人生サクセスしたい方は、ぜひ読んでみてください。

 
 

営業やってみて結果でなかったらどうするの?

営業やってみて結果でなかったらどうするの?と思っている方も多いと思います。

結果が出なくても良いです。
結果を出すことが目的ではないからです。
本音を言うと、自分の会社でしたら結果が出ないとつぶれますが、サラリーマンでしたら会社は潰れません。

将来に繋がる経験が詰めればOKです。
対人関係、世の中どのような会社があるのか?など。
営業をしている中でやりたい仕事に出会う可能性は大いにあります。

なので結果が出なくてもOKなのです。
是非挑戦してみてください。


【本質】飛び込み営業を20代で経験しておくのもあり【成果を出す方法】まとめ

営業にかかわらず20代は多くの経験をすることをおすすめします。
20代で、人間、ビジネスの基盤ができます。

挑戦することは面白いことです。
1年経てば基本は笑い話です。辛かったらやめればいいので。
ぜひ挑戦することを楽しんでください。

オススメの記事:転職を考えている人向け

簡単に転職先が見つかる考え方【転職する前の人生設計が大切】