お金持ちになるための方法【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方要約】

お金

お金持ちと貧乏の違いとは?
お金持ちになるためには何をすれば良いのか?
などを解決する記事になっています。

このようなツイートをしました。

やはり資本主義で自由に生きていくには、資産運用ですね。
レバレッジのきく仕事をし、個人で大きく稼ぎ資産運用することが今の時代は可能です。 個人で稼げる時代。
権利収入っぽくなる仕事はありますが、労働を重ねないといづれ縮小していきます。
40才までにお金から解放できるように頑張ります。


「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を参考にお金持ちが考えているノウハウを記事にします。
お金持ちなら必ず持っている知識であり、ベストセラー本です。

「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」という本には興味があるが、内容が難しくなかなか読めていないという方にもおすすめの記事です。

お金持ちと貧乏の違い

制度の歪みから構造的に発生する ”幸運” 。手に入れた者に大きな利益をもたらす。

資本主義にはルールがあるということを知ろう

日本という資本主義の国に生まれた以上、生まれた瞬間から僕らは資本主義のゲームに参加しているということをまず知ることです。
ルールがあることすら知らない人も多いのではないでしょうか?
僕も知りませんでした。

当たり前ですが、ルールの知らないゲーム参加し続けても、勝つことはできません。
勝てたとしてもラッキーであり、継続的に勝ち続けることはほぼ不可能です。

この本は、ルールの合法的に抜け道を教えてくれます。
本にはこのように書いてあります。

「知識社会」では、必要な情報を的確に入手し、それを活用する知識を有しているひとは、いくらでも近道ができます。そうでなければ、ひたすら回り道をするほかありません。「知識」が価値を持つとは、そういうことです。

知識もなく、回り道もしたくなければ、金を払わなくてはなりません。それが、私たちの生きている資本主義・市場経済のルールです。

日本人が資本主義のルールを知らない理由

日本人が資本主義のルールを知らない理由は、学校で勉強しないからです。
社会人になってからお金の勉強をすることは大切です。

お金の情報を知らないと、賢い人が仕組みを作り搾取されます。
社会人の一日の平均勉強時間は6分。
しっかり勉強することで、お金持ちになるための方法を知ることができますね。


お金持ちに必要な考え方

この本にはこの考え方を理解していれば、誰でも億万長者になれると書いてあります。

年収3000万円の医者と公立学校の教師の例

トマス・スタンリーとウィリアム・ダンゴの『となりの億万長者』という本があります。
アメリカ全土の億万長者を対象に大規模調査し、「お金持ちの秘密」を解きあかそうとした試みです。

3000万円を超える年収を得ながらほとんど貯蓄がなく、将来の不安にさいなまれている医師が登場します。
一方で、公立学校の教師として働きながら50代でミリオネアの仲間入りを果たし、退職後の優雅な生活を約束されている夫婦がいます。

このような奇妙なことが起きるのは、資産とは収入で決まるのではなく、収入と支出の差額から生み出されるものだからです。

ミリオネアになるための考え方の違い

年収3000万円の医者は、良い家に住み、いい車にのり、贅沢をしています。
しかし、公立学校の教師は、普通の家に住み、燃費の良い丈夫な車にのり、周囲は誰も億万長者とは思わないような暮らしぶりをしています。

このように「収入の20%以上を貯蓄に回す倹約を続けていれば、誰でも億万長者になれる」とこの本には書かれています。

正確には「平均年収の倍の収入が」が必要ですが、夫婦で働くか、副業をしてサラリーマンと同じぐらいの収入を稼ぎ出すことができれば可能です。

具体的な貯蓄例

●一生独身の場合

本業2億円、副業2億円、合計4億円だとして、20%を貯蓄すると8000万円になります。
8000万円を5%で運用すれば、年間400万です。

●夫婦の場合

本業夫婦で3億円、副業2億円、合計5億円の場合、20%貯蓄で1億円となります。
1億円を5%で運用すれば、年間500万円です。

このようにしっかりと計画をたて、運用すれば誰でもミリオネアは可能です。
現代は個人で簡単に仕事ができるようになったので、副業で本業以上の収入を得ている人も多くいます。
副業でお金を稼ぎ30代、40代とはやめのセミリタイアも可能ですね。

■あわせて読みたい記事■

現代はビジネスチャンスに溢れている【おすすめの副業】


お金持ちの浪費家が起こす勘違い

先ほどのストーリから何故お金持ちの方がお金に苦労するのでしょうか?

言い方悪いですが、社会の底辺にいる差別されている人の方が億万長者になる確率が高いのは、金持ちの家に生まれた坊ちゃんは遺産を食いつぶすだけですが、お金がない人はそこから這い上がるために倹約するからです。

アメリカはこのような勉強を学生時代からするので、12世帯に1世帯が億万長者です。

知識はとても大切ですね。



お金持ちになるためには何をすれば良いのか

人類の歴史に貨幣が登場して以来、お金持ちになる方法は3つしかありません。

世界にひとつしかないお金持ちの方程式

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

小学生にでもわかる簡単な方程式です。
世界中の人々を虜にしてきた「金持ちになりたい」という夢は、この一行に凝縮されています。
こんなにもシンプルなのです。
この方程式からお金持ちになるには、次の3つの方法しかないことがわかります。

①収入を増やす
②支出を減らす
③運用利回りを上げる


お金持ち本は全てこの3つに該当する

世の中に存在するお金持ち本は、全てこの3つに該当するのです。

①サラリーマンで出世するには、商売に成功する方法など、収入を増やすノウハウ

②節約生活、マル特情報など、生活水準を下げずに支出を減らすノウハウ

③1億円儲ける、株で生活する、などの株本に代表される資産運用指南本

このように、世の中にあるお金もち本はこの3つに該当します。

自分がこの3つの中で、どの分野を学びたいのかわかった状態で本屋に行けば、どの分野の知識を勉強すれば良いのかがわかりますね。


お金持ちが考えていること【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方から学ぶ】まとめ

1番大切なことは人生対してのゴールをまず決めることです。
人生のゴールが決まれば、いくらお金が必要なのかがわかります。

自由に生きるためには、一定の条件を満たさなければならないことがわかります。
その条件とは資産、極端にいえば「お金」です。

自由を経済的な意味で定義するならば、「国家にも、会社にも、家族にも依存せず、自由に生きるのに十分な資産を持つこと」になります。
これが「経済的独立」です。

経済的独立をして、自由な人生を送りましょう。
そのためには、知識が大切ということです。
経済的独立をするための知識を知るために「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を読んでください。
この本はお金持ちになるためには、確実に必要な知識です。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

内容紹介

自由な人生を誰もが願う。国、会社、家族に依存せず生きるには経済的独立すなわち十分な資産が必要だ。1億円の資産保有を経済的独立とすれば欧米や日本では特別な才は要らず勤勉と倹約それに共稼ぎで目標に到達する。黄金の羽根とは制度の歪みがもたらす幸運のこと。手に入れると大きな利益を得る。誰でもできる「人生の利益の最大化」とその方法。

著者について

橘玲(たちばな あきら)
一九五九年生まれ。作家。早稲田大学第一文学部卒業。二〇〇二年、小説『マネーロンダリング』でデビュー。〇六年、小説『永遠の旅行者』が第十九回山本周五郎賞候補作となる。他の著書に『タックスヘイヴン』『亜玖夢博士の経済入門』『亜玖夢博士のマインドサイエンス入門』『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』『(日本人)』『言ってはいけない』等がある。


■あわせて読みたい記事■

現代はビジネスチャンスに溢れている【おすすめの副業】