なぜ?仕事が嫌いなのか?【仕事が嫌いな人が立ち向かうための方法】

働き方
このような悩みを解決します
✔️仕事が嫌いという気持ちはどうすれば解決できるのだろうか?
✔️仕事が嫌いと思っているのは自分だけなの?
✔️仕事の理想と現実のギャップを感じているのは自分だけ?
✔️このまま嫌いな仕事をして人生を終えても本当にいいのか?


仕事が嫌いだと感じている人は何故多いのか?その理由を知り、今後どのような解決策をとっていけば良いのかを解説します。

今の仕事が嫌いだけれども、今後楽しい人生にしていきたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。

仕事が嫌いな人の割合とは?

28,000人のアンケートで、働くことが好きですか?という質問に対して、働くことが嫌いな人は3割いるそうです。

働くことが好きか?嫌いか?という解いは、環境や働く内容が変われば、変化するので一概には言えませんが下記のような結果なのです。

意外と仕事が嫌いという人は多いということがわかりますよね?
仕事が嫌いな方は、あなただけではないということです。

1位 どちらかと言えば好き……34.7%
2位 好き……28.1%
3位 どちらかと言えば嫌い……21.4%
4位 嫌い……6.1%
5位 大好き……5.7%
6位 とても嫌い……4.0%

出典元:勝手にランキング

何故人間は働くのか?

何故人間は働くのか?という問いに対しては、8割以上が生活をしていくためと回答しています。

驚くべき数字ですよね?

〈Q.あなたは何故人間は働くのだと思いますか〉
1位 生活をしていく(生きていく)ため
2位 家族を養うため
3位 趣味や自由に使えるお金を手に入れるため
4位 自分を成長させるため
5位 人生の大変さを身につけるため

出典元:勝手にランキング

仕事が嫌いなのに何故働くのか?

上記の結果からもわかる通り、大半の人は生きるために仕事をしています。

日本人真面目ですよね。

サラリーマンである限りは、8時間労働であれば、人生の3分の1を仕事に当てます。

通勤時間や残業、昼休憩も仕事中とも言えるので、寝ている時間をのぞくと半分以上を仕事に費やすことになります。

人生の半分の時間を仕事に費やすのであれば、嫌いより好きの方が人生は楽しいと思います。

仕事が嫌いな理由をしっかり理解し、好きなと思える環境や仕事の内容が見つかれば人生の幸福度は上がりますね。

僕も、昔は仕事が嫌いで仕方ないときがありました。

しかし、考え方が変わり、環境や付き合う人を変えた結果、人生が大きく変化し、仕事が楽しくなりました。

仕事が嫌いになってしまう理由をしっかり理解し、解決策をみていきましょう。

仕事が嫌いな人がなぜ日本には多いのか?【仕事が嫌いな理由】

仕事が嫌いな主な理由7つをみていきましょう。

働きすぎ【残業・休日出勤など】

まず一つに日本人は特に働きすぎということが挙げられます。

僕も残業100時間+夜勤をしたことがありましたが、正直死ぬかと思いました。

20代前半だったので、体力ギリギリ持ちましたが。
今は絶対無理です。笑

働きすぎは仕事をする意欲を無くし、生産性を下げるので、残業しない方が結果として成果がでるケースが多いです。

マイクロソフトのこちらのニュースでは、週休3日で、生産性が向上したそうです。

もちろん業種、業態によってはある程度働く時間が必要なケースもあるので一概には言えませんが。

今の仕事内容が好きではない

そもそも仕事の内容が嫌いなら、仕事を好きになるのは不可能に近いですね。

勘違いしがちなのが、仕事の内容ではなく、結果が出ないから嫌いというケースもあります。

結果が出て、社内での立場がよくなったら楽しくなるケースもあるので、仕事の内容が好きか?嫌いか?という目線で判断してみてください。

好きな仕事を見つけることができていない

正直、好きな仕事を見つけることは難しいです。

仕事を嫌いにならないためには、嫌いではない仕事を見つけることが大切です。

このようなツイートをしました。

イヤなことを排除できたら、仕事の時間はどんどん楽しくなっていくと思います。

好きな仕事を見つけられなくて困っている方は、まずイヤなことを排除することから考えてみてください。

自分の仕事に自信がない

上記のような仕事の内容が好きではない方や、環境があっていない方はなかなか結果が出ず自信を無くしてしますケースも多いでしょう。

言い換えれば、仕事の内容が好き出なく、環境があっていないのに、結果が出たらある意味天才です。笑

仕事で自信をつけることより、まずは仕事の内容が自分にあっているのか?仕事をする環境があっているのか?を考えてみましょう。

この二つがあっていれば必ず結果はでるはず。

人間関係がよくない

人間関係がよくないケースは、自分だけに責任があるわけではないです。

大半の場合、相手にも5割責任があるでしょう。

人間関係は、努力したとしても合う合わないが絶対にあります。

雑な言い方をすると、人間関係が一番めんどくさいです。

今の環境が合わないのであれば、転職をするか、部署などを移動できないか?考える必要があるでしょう。

仕事が好きか?嫌いか?の一番の要素は、人間関係と言ってもいいでしょう。

仕事量に対して収入が見合っていない

仕事量に対して収入が見合っていないと感じるケースは多いと思います。

特に一人あたりの労働生産性が低い業界では。

代表的なのが飲食業。
中小企業の飲食業は、一人あたりの労働生産性が293万円と言われています。

それだけ低いので、給料をあげることを不可能ですね。

収入が見合っていないと感じるのであれば、一人あたりの労働生産性が高い業界に転職することをオススメします。

自分のレベルに仕事の内容が見合っていない【正当な評価がなされていない】

僕が正当評価されていないと感じた時は、新卒2年目でした。

1億2000万円の仕事を受注したのに、インセンティブは20万円しかもらえなかったのです。

このような経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

結果をだすことが得意な方は、正当評価がされる業界(不動産、保険営業など)に転職するか、副業、起業するべきです。

やった分だけ収入が増えるので。

結果をだすことが得意な方はおすすめですが、のほほんと働きたい方にはおすすめではないですね。

仕事が嫌いな人が最初にとるべき行動

仕事が嫌いであっても、生活するためには仕事をしなければいけないケースが多いです。

仕事が嫌いな方は、何故仕事が嫌いなのか?を自己分析することがもっとも重要です。

仕事が嫌いな理由を解決することができれば、楽しめる可能性も大いにあります。

何故、仕事が嫌いなのかを具体的にする

まず、仕事が嫌いな理由を紙に書き出してみて下さい。

そして嫌いではないことと、好きなことを書き出しみて下さい。

好きなことと、嫌いなことはトレードオフの関係にあったりします。

例えば、ノルマがキツく仕事が嫌いという考え方もありますが、きついノルマを達成したら、自信になり自己成長できると考える人もいます。

このように、好きなことと、嫌いなことは考え方で解釈が真逆になります。

紙に書き出すことで、本当に自分が求めていることが見えてくるのです。

今の仕事が将来の理想に繋がっているか考えてみる

今の仕事が将来目指す自分に繋がっているか?考えてみて下さい。

将来目指す自分に繋がっているのであれば、今仕事がきついと感じたとしても、将来のことを考えれば頑張れるかもしれません。

未来を考えることで、今頑張っていることが本当にあっているのか?を知ることができます。

仕事を手段と捉えているのか?やりがいと考えているのか?考えてみる

仕事を生活の手段と捉えているのか?やりがいと感じているのか?で大きく選択が変わります。

例えば、プライベートを充実することが第一優先で、仕事をしているという方は、プライベートが充実していれば、多少仕事が嫌いであっても我慢できると思います。

しかし、仕事を人生のやりがいにしたいと感じている方は、嫌いな仕事は絶対やりたくないでしょう。

どちらが良いか?悪いか?などはありません。

自分がどちらのタイプなのか?しっかり自己分析することが大切なのです。

仕事が嫌いなら副業を考えてみる

今の仕事が嫌いなのであれば、副業をすることもありだと思います。

副業をすることで、精神的余裕を持って本業の仕事をできるようになる可能性があるからです。

こんなツイートをしました。

会社に依存せず、精神的に余裕を持つためにも副業はオススメです。

日本の貧困層は7割【副業は必要不可欠】

このようなツイートをしました。

日本は現時点で貧困層が7割と言われています。

厳しいようですが、副業していないサラリーマンはマジでやばいです。

貧困層とは、年収500万円以下。
自分の家をもったり、子供2人育てるためには最低年収650万円必要と言われています。

詳しくはこちらの記事を読んでみて下さい。

おすすめの副業とは?

おすすめの副業は、スキルがつき、レバレッジがかかる仕事です。

詳しくはこちらの記事をみてみて下さい。

仕事が嫌いなら転職を考えてみる

仕事の内容が嫌い、もしくは環境が合わないのであれば、早急に転職するべきです。

成果が出ないのは、能力ではありません。

適切な、環境と自分にあっている仕事をしているかがもっとも重要です。

成果が出ず、仕事が嫌いになり、自信をなくすなら、早急に転職して環境を変えるべき。

今の仕事の内容や、環境があっていないと感じるのであれば、この先読み進めてみて下さい。

おすすめの転職エージェント

僕が2回転職し、人材業界の営業もやっていた経験からおすすめの転職エージェント2社をご紹介します。

その2社は、マイナビジョブ20’s と、TOKYOインターンUP to 29です。

具体的な内容はこちらの記事をみてみて下さい。

マイナビジョブ20’s

「TOKYOインターンUP to 29」

副業するために転職することもあり

仕事が嫌いと感じている方は、副業するために転職することもありです。

僕は、この方法で仕事がかなり楽しくなりました。

副業するために転職するとは、一つは今残業が多くて副業どころではないという方です。

終電まで仕事して、朝9時出社という方などは、副業することは不可能ですね。

ですので、副業する時間を作るためにも、定時で終わる会社に転職するべきです。

もう一つは、副業と相乗効果がでる仕事を本業でする方法があります。

例えば、SNSやブログで収益をあげたいのであれば、WEBマーケティングの会社に転職するなどです。

そうすれば、仕事でも副業の勉強をすることができるからです。

是非、試してみて下さい。

【まとめ】なぜ?仕事が嫌いなのか?【仕事が嫌いな人が立ち向かうための方法】

いかがだったでしょうか?

今、仕事が嫌でどうすれば良いかわからないという方は、まずやりたくないことを紙に書き出してみて下さい。

そしてやりたくないことを排除できる部署に移動するか、転職するかなどして環境を変えることをおすすめします。

仕事が嫌いと思っているということは危険信号です。

自信をなくす前に早急に環境を変えるべき。

僕は、環境を変え、副業を初め、自分で稼ぐノウハウを身につけられたおかげで、会社を設立することができました。

会社が設立できた最初のきっかけは、嫌いなことをしたくないから環境を変えたこと。

是非、この記事を最後まで読んで頂いた方は、行動して人生幸せになって欲しいです。