サラリーマンが副業解禁になった理由とは?【政府が副業解禁なぜ認めたのか?】

働き方
このような悩みを解決します
✔️サラリーマンが副業解禁になった理由とは?
✔️政府がなぜ副業解禁を認めたのか?
✔️政府、企業がサラリーマンの副業を認めるメリットデメリットとは?
✔️副業は会社にバレないのか?
✔️サラリーマンにおすすめの副業とは?

サラリーマンをやりながら、5つの副業に挑戦した経験から記事を書いていきたいと思います。

世間は副業を推奨していますが、何故副業することが大切なのか?を知ることが大切です。

副業することがこれからの時代大切な理由も含め、オススメの副業もご紹介していきます。

サラリーマンの副業解禁から、副業の現状とは?

2018年政府の副業解禁から、副業の緩和がされ、副業を考える人も増えてきました。

2018年企業が副業を推進、容認している割合は、28.8%となっています。

株式会社リクルートキャリア【訂正版】兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)引用

これから副業を推進、容認する会社どんどん増えてくるでしょう。

副業が推奨されている中、サラリーマンが副業するにあたり、何故政府や企業が副業を推進しているのか?理解しておくことは大切なことです。

何故?サラリーマンの副業解禁を認めたのか?

では、何故サラリーマンの副業を認めたのか?深掘りしていきましょう。

サラリーマンの副業を政府や企業が認めた理由を知ることにより、これからどんどん緩和されていく副業とうまく付き合っていくことができるでしょう。

政府が副業を認める理由

副業が何故緩和されてきたのか?それは、政府がモデルの就業規則に副業を容認する文章を入れたため、企業もそれにそって、副業容認を就業規則に入れてきました。

そこで政府が何故副業をモデル就業規則に入れたのか?を理解していきましょう。

日本の貧困層問題とは?

日本の貧困層は7割と言われています。(年収500万以下が7割)

こんなツイートをしました。

年収500万円以下ですと、夫婦共働きでないと、家を立てたり子育てすることはほぼ不可能に近いと思います。

2人の子供を大学まで行かせて子育てすると、最低年収650万円ぐらいは必要と言われています。
もちろん育てる場所等にもよりますが、あくまでも平均値です。

今、年収650万円以上稼いでいる方は稼ぎ続けることはできるでしょうか?

企業で1年働いていても、給料アップはせいぜい月5,000円がいいところではないでしょうか?
1年働いて年間6万円の給料アップです。

10年働いて60万、30年働いて180万。
現実的に厳しいですよね。

大学の新卒の全業界の平均年収は、200万円~250万円と言われている時代なので。

政府が副業を容認した理由は、貧困問題が一つの要素にあげられます。

日本の年金問題とは?

日本の年金問題は深刻です。
今の年金の条件で、老後は約4,000万円必要と言われています。

自分の家や、子育てをすることも難しいと言われている中、4,000万円貯めるのは至難のわざですね。

ほとんどの人が用意するのは厳しいのが現状です。
しかも現時点で4,000万円と言われているので、今の20代や30代の老後はもっとお金が必要と言われているでしょう。

仮に、年金がもらえないとなれば、寿命100年と言われている時代で、70才まで働いたとしても、貯金が1億2,000万円ないと生活できません。

計算式
年間必要なお金400万円✖️老後30年間=1億2,000万円


このように年金問題は深刻な問題なのです。
しっかり将来のことを考えながら、人生をプランニングしていく必要があります。

本音を言ってしまうと、サラリーマンはみんな副業をやるべきなのです。

企業が副業を認める理由

結論をいうと企業が終身雇用がもう無理だからです。

多くの企業では、従業員を終身雇用まで雇う体力がありません。

大手自動車メーカーの勤務の方は衝撃的な発表だったでしょう。
トヨタの衰退が始まり、そして日本の製造業に幅広い悪影響が起きる流れに。

トヨタで終身雇用は、完全に無理と発表されています。
トヨタだけに限らず日本の会社は、このような発表が多くなるでしょう。

このホリエモンの動画はオススメなので是非みてみてください。

✔️「終身雇用は崩壊するのか」ホリエモンが忖度なしで斬りまくる!【NewsPicksコラボ】

上記のような現状から、副業することは必須になってくるでしょう。

このようなツイートをしました。


給料が上がらないのは、そもそも企業に給料をあげる体力がないからです。

高齢化でこれから退職する人がどんどん増えてきます。
しかし、企業には退職金を払う体力はありません。

今の20代や30代が退職する時には、どんどん高齢化が進み退職金どころでは無くなっているのです。

ですので、企業としては、個人で副業をして経済的余裕を持たせたいのです。

そしてもう一つの意図は、優秀な人材をめぐる競争を激熱化させたいという意図もあります。

自分で稼げる力がある人は、優秀な人材が多いので、企業が副業OKにすることにより、優秀な人材を獲得することができます。

結論、自分で稼げる能力をつけることが一番のリスクヘッジとなるのです。

サラリーマンの副業解禁を行なっている代表的な企業

大手大企業はどんどん副業解禁しています。

東証1部上場などの大手企業では約120社のうち約5割の企業が従業員に副業を認めているそうです。

外部のノウハウを吸収し、人材育成や新事業の開発に繋げるための意図があると。

2019/5/20日経新聞の記事です。


副業OKの企業一覧はこちらのサイトでわかりやすくご紹介されています。

気になるかたは読んでみてください。

サラリーマンが副業することのメリットデメリット

副業をすることのメリットデメリットをご紹介します。

副業のメリット

✔️副業のメリットは、所得が増えること。
✔️会社以外のスキルが身に付くこと。
✔️今の会社でクビになったとしても、リスクヘッジができる。
✔️サイドで収入があると、精神的余裕ができる。
✔️老後の準備資金が作れる


まだまだたくさんありますが、上記のような様々なメリットがあります。

副業のデメリット

✔️仕事後や休日に仕事をしなければいけない
✔️副業を容認していない会社だと会社にバレる可能性がある
✔️集中する分野が様々になり、本業がおろそかになる
✔️確定申告をしなければいけない


上記のようなデメリットがあります。

副業は会社にバレないのか?

副業をやろうと考えているけど、一方踏み出せない方で会社にバレるのが心配という方も多いと思います。

副業OKの会社であれば問題ないですが。
副業OKではないけれど、副業したいと考えている方は頭に入れておいたほうが良いです。

下記の場合は確定申告する必要があります。

✔️複数の会社から給与を受けている
✔️給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
✔️給与以外の副収入の所得合計額が20万円を超える人
✔️源泉徴収されていない外国企業から受け取った退職金がある人


特に、年末調整と確定申告時期は注意が必要です。
年末調整で所得控除の申告がもれると、副業がバレるリスクが上昇します。

副業が会社にバレることが心配な方は、下記の記事に目を通してみて下さい。

何故サラリーマンが日本に増えたのか?

何故日本はサラリーマン大国になったのか?そしてこれからの時代は、徐々に昔の自給自足に戻りつつあります。

この分野大切です。是非、目を通して見て下さい。


江戸の末期は自給自足の時代でした。
現代は会社員が増えましたが、自給自足の時代に徐々に戻ろうとしています。

日本にサラリーマンが増えた理由は歴史を振り返ると、明治時代にこれまで見たことのない物や食べたことのない物、使ったことのない物など、新しいものが外国から驚くほどのスピードで入ってきました。

そして人々のがどんどん出てきました。
その結果、近代化が進んで行きました。

文明開化と呼ばれ、西洋の影響から様々なビジネスチャンスが出てきました。
この時期から、多くの人が農業を離れて企業で働くという、雇用体系に変わって行きました。

日本は、サラリーマンを増やすという流れにどんどん変化してきました。
何故ならば、日本国の財源は、日本国民が銀行に預けた貯蓄や税金から成り立っているからです。

サラリーマンから税金を一番取れるので、国はサラリーマンを増やす流れにしたかったという意図もあります。

なので日本人は、銀行に貯金をする国民なのです。
資産運用した方がお金は増えるのに。この思考がヤバイ。

日本の学校教育は、サラリーマンを排出するようにカリキュラムが組まれています。

お金やビジネスの勉強がないのは謎です。笑
お金やビジネスの勉強は、大人になってから勉強するしかないのです。
しかし、社会人の平均勉強時間は一日6分と言われています。

このことが原因で、日本は先進国の中でも、起業家やフリーランスが少なく、国が活性化されないため、不景気が続いているのです。

副業解禁から、自分で稼げる能力を持った人が増えると日本はもっと活性化するでしょう。
そのような可能性を信じてこの記事を書いています。

これからどんどん副業の波がくるので、はやい段階で副業を始めて、先行者優位を取るべきです。

そうすれば将来は安心ですし、未来は明るいですね。

サラリーマンのおすすめの副業とは?

サラリーマンにオススメ副業は、稼ぎたい金額にもよりますが、レバレッジのかかる仕事です。

レバレッジとは、仕事が自動的に回る仕組み作りをすることです。
この言葉だけ聞くと難しそうに聞こえますが、内容を理解すれば難しくないです。

具体的な内容は、この記事に目を通してみて下さい。

【まとめ】サラリーマンが副業解禁になった理由とは?【政府が副業解禁を認めた理由】

副業解禁になった理由を理解して、是非副業にチャレンジしてみて下さい。

本音をいうと、副業をしていない20代、30代はマジでヤバイです。

副業をしていないことはヤバイのではなく、自分の力で稼ぐ力がないことがヤバイのです。

何から始めたらよいかわからない方は、【副業解禁】オススメの副業12選【稼げる副業とは?】の記事に目を通していただければやるべきことが見えてくると思います。

また、本業が忙しすぎて副業をやる暇がないという方は、転職をするのもありです。

どうやって転職をしたらよいかわからない方は、転職3社の経験から本当に役立った転職エージェント2社に目を通して見て下さい。

この記事を読み、少しでも人生の解決策になれれば幸いです。