仕事が楽しい人はどのような考えをしているのか?【7つの習慣から学ぶ仕事を楽しむ方法】

オススメの本・映画

仕事は人生の楽しさに直結するほど重要な時間です。

仕事が楽しい=人生が楽しい

と言っても過言ではないです。
若いうちに解決しておいたほうが良い課題です。

僕も仕事が楽しくなく、自分の将来が見えず転職を2回繰り返したこともありました。
仕事では結果を出しても、何かモヤモヤした気持ちがあったのを覚えています。
「7つの習慣」という本を読み、ちょっとした習慣を変えることにより、仕事も人生も最高に楽しくなりました。

その経験をもとに、仕事や人生を楽しくするための考え方や、具体的な転職、副業などの方法や手段を記事にしていきます。

仕事が楽しい人はどのような考えをしているのか?【具体的な考え方】

仕事が楽しい人はどのような考えをしているのでしょうか?

スティーヴン・R.コヴィーの「7つの習慣」を読み実践することで僕の人生は大きく変わりました。
7つの習慣をもとにどのような考え方をしたら良いのかを解説していきます。
※具体的な手段については次の章で解説します。

自分の信念を決めることが大切

自分の信念が決まっていないと判断基準がおかしくなります。
そもそも自分の理想としている働き方、生き方がズレているのか?ズレていないのか?が判断することができないからです。

僕の場合は、今行動していることが将来の幸せにつながっているか?が判断基準です。
僕の幸せだけではなく、家族、親、仲間、今まで僕を支えて来てくれた方々も含めてです。

今、やっている事が仮に幸せではなかったとしても、将来の幸せにつながっているのであれば、今行っていることはワクワクしながら取り組めます。

これが物事に取り組む時の僕の判断基準です。まず自分の中で判断基準を決めてみてください。
ここが決まればあとは、何が足りないか?を穴埋めしていけば良いのです。

7つの習慣から学ぶ。仕事、人生が楽しい人はどのような考えをしているのか?【3つあります】

スティーヴン・R.コヴィーの7つの習慣から考え方を解説していきます。

①主体的になること

主体的:自分の行動に責任がある。自分が変われば周りが変わる
反応的:他人や外部要因のせい

具体例を出すと、「仲良い同期が出世したら?」

反応的な人は、あいつは部長に気に入られているから出世できた。
仕事は俺の方ができるのに‼︎と考えます。

主体的な人は、自分にはまだまだ能力が足りなかった。
自分が変化し、頑張れば出世はできる。

と考えます。当たり前のように聞こえますが、意外と習慣化しないと難しいです。

先日、下記のツイートをしました。

■人生という道には、助手席に座るひともいれば運転する人もいる■

あなたはどちらを選びますか?
あるCMで流れていた言葉です。

自分で運転し、自分でコントロールできる人生がいいですね。

あるCMで流れていた言葉です。
人生という道には、助手席に座る人もいれば運転する人もいる
主体的に考えるということは、「運転する人」ということですね。

②終わりから考えてから始める

終わりから考えることは大切ですが、具体的に人生を細かく決めてプラン通りに進むことは不可能です。
特にこの不確実性が高い時代では、、、

どこに向かいたいか?どんな人間になりたいか?を決めれば良いです。
細かく決めるのは、1週間で良いです。
スティーヴン・R.コヴィーも1日だと短すぎて、1ヶ月だと長すぎて細かい計画が立てられないと言っています。

③一番大切なことを優先すること

ここが一番大切です‼︎

人生を変える(楽しむ)のは、「緊急ではないけれど重要なこと」にいかに時間を割くかが大切です。
人は、緊急であり、重要なことは優先して行います。
日々の仕事やプライベートに追われて、緊急であり、重要なことのみにフォーカスしがちです。

娯楽のSNS、YouTube、テレビなどの、「緊急ではなく重要でもないもの」をいかに無くし、「緊急ではないけれど重要なこと」に時間を優先させられるかが、仕事や人生を変えるカギとなります。


仕事が楽しい人はどのような手段を選択しているのか?【具体的方法を解説します】3つあります

①キャッシュポイントを複数持つ

先日、下記のツイートをしました。

■仕事で何故プレッシャーがあるのか?■

例えば、本業30万円、副業30万円あったら? 本業でイヤなことあったらやめられます。
本業のプレッシャー軽減されませんか?
一本しか収入源がないから、そこにすがらなければいけない。
2.3本と収入源があったら?
部長に意見言える自分になりませんか?

キャッシュポイントを複数持つ理由の1つに、収入を上げようとキャッシュポイントを別で持つ人が多いですが、別の理由で何故オススメかというと、精神的に安定するからです。

例えば、本業で月収30万円、サイドで月収30万円あったら、会社が嫌だったらやめることができます。

本業の月収30万だけでしたら、上司に意見を通したかったとしても、クビになると食べていけないリスクがある為、意見をなかなか言えなかったりします。
しかし、サイドで30万円あれば、クビになっても食べていける為、意見を言うことができます。

自分らしく仕事をすることができるのです。

キャッシュポイントを複数持つことは、収入を増やせるというメリットもありますが、精神的余裕や、自分らしく仕事をすると言う面でも、キャッシュポイントを複数持つことをオススメします。

具体的なキャッシュポイントの増やし方はこちらの記事をご覧ください。

なぜ?雇われない生き方ができるのか?【自由な生き方を実現するための方法】


②転職

2つ目は転職です。

転職は伸びている業界がオススメです。
自分でビジネスを持ちたい方は、本業とサイドビジネスの相乗効果が出る業界をオススメします。

転職で1番大切なことは、サイドでキャッシュポイントを持つ為に、自分の時間が取れる定時でしっかり終わる会社がオススメです。

具体的転職方法やオススメエージェントがわかる記事です。

■おすすめ記事
『転職と副業のかけ算』の要約【転職・副業に役立つ読み方】

転職3社の経験から本当に役立った転職エージェント2社


③収入を自動化させる

収入を自動化させる内容に関しては、先ほども紹介したこちらの記事を見て頂ければ具体的な手段も含めて紹介しています。

■おすすめ記事■

なぜ?雇われない生き方ができるのか?【自由な生き方を実現するための方法】

ブログも収入を自動化させる1つの手段です。


仕事が楽しい人はどのような考えをしているのか?【仕事を楽しむ具体的方法】まとめ

仕事や人生を楽しくする為に、是非考え方を変え、具体的な行動をしてみて下さい。

考え方を変化させる為に、スティーヴン・R.コヴィーの7つの習慣をご紹介して終わります。