起業、転職する際に、情報の本質をキャッチし、良い結果につなげる方法【FACTFULNESS ファクトフルネス】

オススメの本・映画

起業、転職するには、情報が多い時代なので、情報を選択する力が大きな要素となります。

僕も転職を2回し、3社経験しましたが、転職に失敗したことがあります。
情報の選択を失敗してしまったからです。

起業、転職をする際、情報を見抜く力が一番重要といっても過言ではありません。
現代の数ある情報の中から、有益な情報をどの様に見抜けば良いのか?

この記事を読むことにより、情報を選択するうえで、何を知っておけば良いのか?を知ることができます。


起業、転職する際に、情報の本質をキャッチする為には?

人は1日に2万回の選択をしていると言われています。

その選択はほとんど本能でしていて、意識している選択は数百回と言われています。
人はほとんど本能で物事を選択しているのです。

この本能が本質の情報ではなく、イメージの情報をキャッチしてしまっています。

本質の情報をキャッチする為には、本能で選択し、情報をイメージでキャッチしている事に気付き、そのことを頭に入れた状態で、行動する事が大切となります。


起業、転職する際に、情報の本質をキャッチする為に人間の本能を理解する【FACTFULNESS ファクトフルネス】


起業、転職する際に、情報の本質をキャッチする為に人間の本能を理解することが大切です。

この本は情報の本質をキャッチする考え方、本能を理解するのに最適な本です。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 [ ハンス・ロスリング ]

世界で100万部の大ベストセラー! 40カ国で発行予定の話題作であり、ビル・ゲイツ、バラク・オバマ元アメリカ大統領も大絶賛! 

「名作中の名作。世界を正しく見るために欠かせない一冊だ」―ビル・ゲイツ
「思い込みではなく、事実をもとに行動すれば、人類はもっと前に進める。そんな希望を抱かせてくれる本」―バラク・オバマ元アメリカ大統領

ビル・ゲイツは、2018年にアメリカの大学を卒業した学生のうち、希望者全員にこの本をプレゼントしたほど、世界の成功者が絶賛しています。

この本を読むことにより、データーを使って正しく世界を見るという考え方を養うことができます。

人は何故正しく情報を見れないのか?
人間には物事をドラマチックに見てしまう本能がもともとあります。
人間は勝手にドラマを描いてしまっているのです。

例えば、

「世界中で極度の貧困にある人の割合は、過去20年でどう変わったか?」

答えは「半分」になっています。

「世界中の1歳児で予防摂取を受けられている割合は?」

答えは「80%」になっています。

この様に、イメージしていることより、改善されていることも多くあるのです。

この本に書かれている、正しく情報をキャッチできない人間の本能について2つ程紹介します。


①分断本能

1つ目は分断本能についてご紹介します。

人は自然と2つに分類して考えてしまう傾向にあります。(特に日本人に多いです)

金持ち 貧乏
先進国 途上国
サラリーマン フリーランス
など….

対立して考えてしまうケースが多いです。

世の中には、お金持ちではないが、貧乏でもない人はいっぱいいます。

サラリーマンやりながら、フリーランスやっている人もいます。

物事を判断するうえで、グラデーションを知ることが大切です。
ものごとは白黒ではなくて、グラデーションがあることを意識して分析することが、情報を見抜くうえで大切な要素となります。


②ネガティブ本能

2つ目はネガティブ本能についてご紹介します。

人間は本能でネガティブに考えることが多いと脳科学で解明されています。

意識しないと、8割以上ネガティブな情報を優先的にキャッチするそうです。

メディアで取り上げられる情報は、環境破壊、事故、感染症などネガティブなことが多いです。
なぜなら、ネガティブな情報に人は興味を持つので、メディアはネガティブな情報を取り上げると視聴率が取れるからです。

ネガティブ本能の対策は、メディアの報道を鵜呑みにしないこと。
メディアは悲劇を演出するのが仕事ということを知っておくことです。

思い込みを捨てて、データを使って正しく世界を見るということ。
ドラマではなく本質、数字を見て判断するということが大切です。

この様な情報を持っていると、メディアに左右されず判断することができます。

データからわかる良くなっている世界の真実

●減っているもの

合法的な奴隷制度
乳幼児の死亡率
HIV感染
戦争での死亡者


●増えているもの

電気の利用率
安全な飲料水
女性の参政権
化学の発見


これが世の中の本質です。




起業、転職する際に、情報の本質をキャッチし、良い結果につなげる方法【まとめ】FACTFULNESS(ファクトフルネス)

日本人は特に、起業や転職を考える際、メディアから情報を取り行動に移す人が大半です。

情報の本質をキャッチし、転職、起業を良い結果につなげる為には、人間はほとんどの選択を本能から行っていることを理解し、習慣を改善することにより、良い結果につながると思います。

最後に先ほど紹介した本をご紹介して終わります。

是非参考にしてみてください。

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 [ ハンス・ロスリング ]