簡単に転職先が見つかる考え方【転職する前の人生設計が大切】

働き方

転職するには、その後のゴール設定が最も大切です。

新卒で東証一部上場企業の営業マンとして入社し、2年で2000人中TOP10。
その後、人材紹介会社の立ち上げに携わり、現在は転職、起業支援を100人以上行ってきた経験から、記事を書いていきたいと思います。

このようなツイートをしました。

■明確な人生設計が最も大切■

転職したい!起業してみたい! などの話をよくききます。

転職してその後どうなりたいのか?起業してどうなりたいのか?が大切です。

転職や起業は人生のスタートです。
人生設計というゴールが決まっていないと、どのスタート地点に着けばよいかがわかりません。

この記事を読むことにより、転職に対しての考え方、転職後の人生設計を立てるのにどのようか考え方をした方が良いか?などの具体的な考え方、手段がわかります。

人生設計を明確にし転職を決めることが大切

人生設計を決めることが何故大切なのでしょうか?

転職することがゴールではないからです。
転職以外の物事も全て同じです。

例えば、結婚したという女性がいた時、結婚することだけを考えている女性は必ず失敗します。
結婚することは人生のスタートだからです。
結婚してどのような家庭を作りたいか?ここを考えることが重要。
結婚してからの方が人生長いので、人生という長いスパンで見たとき、結婚してからの人生の方が大切になります。

転職も同じ考え方です。転職する人は若い人がほとんどだと思います。
転職をして人生どう生きていきたいか?が大切なのです。転職することは人生のスタートなので。

転職するための人生設計の具体的方法

転職する前に人生設計を立てることが大切です。
将来どのような仕事をしていたいのか?プライベートではどのような生活を送っていたいのか?

このことを洗い出すためには、夢リストを書くと良いです。
夢リストを書くことにより、具体的な、お金、時間、仲間や家族などがどれぐらい必要なのかが明確になります。
ここが明確になったらあとは簡単です。

夢などがないという人は、やりたくないことを書き出してみてください。
やりたくないことがあなたの夢です。

例)朝早く起きたくない。出勤したくない。上司と関わりたくない。など、、、

最終的にどのようなライフスタイルを送りたいか?ここを明確にしてから、何処に転職をすれば良いかを考えましょう。

夢リスト(やりたくないことリスト)を書き出してから、次の記事を読むことをおすすめします。


人生設計をし、具体的な転職先を考えるうえで大切なこと

具体的な転職先を考えるうえで大切なこととは?
人生設計は人それぞれの価値観ですが、現代において全ての人が求めていることは、ワークライフバランスです。

働き方と生活のバランス。
言い換えれば、お金と時間のバランスです。

不安要素が多い現代。終身雇用が崩壊しかけ、年金も少なく不安が多いです。
20代の会社員が現時点の会社で、70歳まで働こうと思っている人はほとんどいないと思います。

ということは、転職が本質的な問題を解決する訳ではないのです。
転職して将来の不安や、ワークライフバランスを整えることが目的です。

将来の不安や、ワークライフバランスを整える為には、サイドでビジネスを持つしかないと思います。

サイドでビジネスを持つことは、収入が増えることはもちろんですが、精神的余裕ができることが1番大きな要素です。
本業20万円、サイドで20万円あれば、人間関係がうまくいかない、給料が安いなどの理由でいつでも会社をやめることができます。

サイドでビジネスを持つ為にどのような転職が良いか?【3つあります】

サイドビジネスと相乗効果の出る会社

サイドでビジネスを持つためには、本業がサイドビジネスと相乗効果の出る転職先をおすすめします。

例えばSNSでインフルエンサーというサイドビジネスを持つのであれば、SNSマーケティング会社。ブログをやるならWEBマーケティング会社などです。

自分のやりたいビジネスを勉強する感覚で会社に行けるのでオススメです。

定時で終わる会社

もう1つ気をつけたいのが定時で終わる会社です。

始発から、終電まで働いていては、サイドでビジネスを持つことができません。
しかもそれだけ働いたら、消耗して思考が停止します。

本業で稼ぐより、サイドの稼ぐ方が、資本主義社会なので労力は少なく稼げます。

副業OKの会社

黙って副業することも悪くはないと思いますが、リスクがあります。

できれば副業OKの会社が良いでしょう。
政府の副業解禁などから、副業OKの会社は年々増えています。

是非、人生設計をし、転職という人生のスタートラインに立ってみてください。

まずは無料なので、エージェントに登録し、アドバイスもらうことをオススメします。

おすすめ記事:転職エージェントの具体的な情報がわかります。

転職3社の経験から本当に役立った転職エージェント2社


人生設計をし、転職するうえでオススメの本

★発売一週間で即重版! 3万部突破

「転職アドバイスが的確すぎる!」「motoさんの発言を参考にしたら年収が上がった!」など、各種SNSで圧倒的支持――! 年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」の初の著書。


■今、ネットで最も注目されるサラリーマンのキャリア論

著者のmoto氏は、長野県出身の32歳。新卒で地方ホームセンターに入社し、レジ打ちからキャリアをスタート。現在は広告ベンチャーで営業部長をする傍ら、Twitter、ブログ、note、voicyなどを通じて独自のキャリア論を発信しています。

4度の転職によって、会社員として年収240万→年収1000万を実現したノウハウ、副業年収4000万円を稼ぐメソッド、さらに「本業」で成果を出すための仕事論などが多くの支持を集め、Twitterのフォロワーは約1年で5万人を突破。インタビュー記事がTwitterで日本のトレンドに入るなど、今、最も注目されているサラリーマンの一人です。


■「転職と副業のかけ算」は令和サラリーマンの一つのロールモデル

終身雇用が当たり前でなくなった昨今、サラリーマンにとっての「安定」はかつてないほど揺らいでいます。安定した会社はどこなのか、もし明日会社が倒産したらどうすればいいのか、老後のお金はどうすればいいのか――。

「まず『会社にキャリアを用意してもらう』とか『給与はもらうもの』という従来の考え方は捨てましょう。これからのサラリーマンには『キャリアを自分で取りにいく』『個人で稼ぐ力を持つ』といった考え方が必要です。それが“本当の安定”に繋がります。転職と副業は、そのための誰にでも使える術(すべ)です」(本書より抜粋)

moto氏の言葉は、「キャリアに悩む全ての人たち」に向けられたものです。決してエリートではなく、年収240万円から始まった社会人人生のなかで頭と体に汗をかきながら培ってきた、数多くの知見が本書に凝縮されています。

◎年収の大幅UPを実現する「軸ずらし転職」のやり方
◎転職に大切な「次の次の会社」を見据えるための思考法
◎採用を引き寄せる「転職エージェント活用/職務履歴書/面接」の実践テク
◎本業での経験を還流させて「副業⇔本業の好循環」を生む方法
◎副業収入を最大化させるTwitterブランディングの秘訣
◎転職と副業のかけ算で「1万分の1の人材」になる道すじ


本書でmoto氏が綴るのは、誰でもすぐに取り入れられる具体的な内容ばかり。本業、副業、転職、すべてをリンクさせて「かけ算」にすることで、生涯年収を最大化するという「これからの生き方」を、ぜひあなたのキャリアに役立ててください。

簡単に転職先が見つかる考え方【転職する前の人生設計が大切】まとめ

motoさんの本にも書いてある通り、これからのサラリーマンには『キャリアを自分で取りにいく』『個人で稼ぐ力を持つ』といった考え方が必要です。
それが本当の安定に繋がります。

是非、目指すゴールを決め、理想の人生に繋がる転職をしてみてください。