せどりとは?せどりを始める上で、基本の流れと注意点を解説

せどり
こんな悩みを解決します
✔️せどりとはどのようなビジネスなのか
✔️せどりで収入を得るためのコツを知りたい
✔️仕入先から販売先までの一連の流れを知りたい
✔️せどりを始める上で準備する物を知りたい

この記事に書いてあることを実践し、せどり開始4ヶ月で月商500万、月利130万達成することができました。
下記の写真がせどり開始4ヶ月目の実績です。

その内容を公開します。
せどりはしっかりとした知識や行動をすれば、稼げるビジネスです。

是非、興味がある方は読んでみてください。

せどりとは?

せどりとはそもそもどんなビジネスなのかを解説していきます。

せどりの語源

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。

これだけだと何を言っているのかよくわかりませんが、安く仕入れて高く売る商売のことをせどりと言います。
言い換えると転売です。

昔は店舗を持たずアナログで本などを仕入れ、販売しその手数料を取ること主流でした。

現代では、インターネットや店舗で商品を仕入れ、インターネットで販売する方法が主流となっています。

せどりのメリット

せどりのメリットは3つあります。

・即金性がある
・特別なスキルがいらない
・時間を自由に使って収入を得ることができる

即金性がある

せどりは商品を仕入れて売れたら利益が出るビジネスモデルの為、即金性があります。

ブログやYouTubeなどは、収入を得るまでの時間がかかります。

早い段階でお金を稼ぐイメージを得たい方にはおすすめのビジネスです。

特別なスキルがいらない

せどりは特別なスキルがなくても始めることができます。

例えばプログラミングをやりたい場合は、ある程度のスキルが必要ですし、税理士になりたかったら資格が必要です。

せどりは、特別なスキルや資格がなくても始めることができるので、誰でも挑戦することができるビジネスです。

時間を自由に使って収入を得ることができる

せどりは好きな時間に商品を仕入れて、ネット上で販売することが多いため、時間を選んで仕事をすることができます。

副業などで始める場合は自分の思い通りに時間を使うことが難しいため、自由に時間を使えるせどりはおすすめの副業の一つです。

せどりのデメリット

せどりのデメリットは2つあります。

・在庫を抱えるリスクがある
・不良在庫になる金銭的リスクがある

在庫を抱えるリスクがある

せどりは商品を仕入れて販売するビジネスモデルのため、在庫を抱えるリスクがあります。

商品が売れるまで在庫を抱える必要があるので、在庫保管スペースや金銭的リスクがあります。

後ほどご説明しますが、過去のデータをしっかり見ることができれば在庫が売れ残ることはほとんどないので、一時的な在庫を抱えるリスクが発生します。

ちょっときつい言い方をすると在庫を抱えることがリスクと思う以上、収益を上げることはなかなか難しいです。

不良在庫になる金銭的リスクがある

商品を多く販売していくと、一定数の返品は必ずあります。

商品が故障していなければ、中古として販売することは可能ですが、故障していた場合不良在庫となり金銭的リスクを抱えることとなります。

せどりの種類【2種類あります】

せどりの種類は大きく分けて2つあります。
問屋仕入れなどもありますが、せどりをこれから始める方はこの2種類と思っておけば良いでしょう。

・店舗せどり
・電脳せどり

店舗せどり

店舗せどりは、店舗で商品を仕入れてネットで商品を販売する方法です。

初心者の方は店舗せどりから始めることをおすすめします。

電脳せどり

電脳せどりとは、インターネットで商品を仕入れてインターネットで商品を販売する方法です。

店舗せどりで慣れてきてから電脳せどりに移行することをおすすめします。

電脳せどりはライバルも多いため、店舗せどりで商品知識やせどりを流れをつかんでから電脳せどりに移行することをおすすめします。

せどりを始めるために準備するもの

せどりを始めるために準備するものをご紹介します。

・スマートホン
・パソコン
・プリンター(なくてもできます)
・クレジットカード
・販売ツールのアカウント作成
・せどりに必要なツールのインストール
・仕入れ資金

スマートホン

リサーチする際の必須アイテムです。

動きが遅くなければ、どのスマートホンでもOKです。

パソコン

最初はなくても始めることができますが、効率を高めるためにはパソコンは必須アイテムです。

プリンター(なくてもできます)

コンビニなどで印刷することも可能ですが、効率を高めるためには必須アイテムです。

5000円ぐらいの中古プリンターでもOKです。

クレジットカード

普段買い物をするよりクレジットカードを使うことが増えるので、思いのほかポイントがたまります。

また、資金繰りをよくするためにもクレジットカードは必須アイテムです。

販売ツールのアカウント作成

商品を販売するためのアカウントを作成する必要があります。

Amazon、メルカリ、ラクマあたりから始めることをおすすめします。

詳しくは、せどりを始めるために準備するものを全て解説【初心者必見】を見てみて下さい。

せどりに必要なツールのインストール

商品をリサーチする際に必要なツールのインストールが必要です。

keepa、アマコードを使うことをおすすめします。

詳しくは、せどりを始めるために準備するものを全て解説【初心者必見】を読んでみて下さい。

仕入れ資金

クレジットカードを使ったとしても、仕入資金はある程度必要です。

稼ぎたい額と同額ぐらいの仕入れ資金は最低限必要です。

10万円稼ぎたかったら、10万円の仕入れ資金は最低必要となります。

せどり初心者におすすめのツール

初心者におすすめのツールをご紹介します。

・リサーチツール
・仕入れ確認ツール
・価格設定、納品、資金管理ツール
・仕入れ店舗ツール

リサーチツール

リサーチツールはセドリスト、アマコードどちらを使ってもOKです。

僕は、アマコードを使ってします。
無料なので、インストールしてみてはいかがでしょうか。

アマコード

商品の金額のリサーチ、利益額の計算、納品作業と一連の流れを行うことができるツールとなります。

無料なので、是非ダウンロードしてみて下さい。

有料課金もありますが、最初は無料で十分対応することができるので、ダウンロードして使ってみることをおすすめします。

仕入れ確認ツール

keepa

keepaはリサーチする際の必須ツールとなります。

月額は2000円程度なので、初期投資だと思って契約しておくことをおすすめします。

せどりには、店舗で仕入れる店舗せどりと、インターネットで仕入れる電脳せどりという方法がありますが、どちらでも使えるツールなのでおすすめです。

価格設定、納品、資金管理ツール

プライスターというアプリを使うことにより、下記のような業務効率改善が図れます。
業務効率化ツールとなります。

プライスター

✔️出品作業の効率化が図れる
✔️利益率、経費計算が素早くできる
✔️価額改定を自動的に行うことができる
✔️ライバルと比べ自分は何が優れていて、何が劣っているかを分析することができる

ざっくりと上記のような効率化を図ることができます。

最初は必要ありませんが、これから大きく稼いでいこうと考えている方は必須のツールとなります。

時間を買うことができるツールです。

仕入れ店舗ツール

店舗仕入れにいくためには、どのルートで回るかを計画を立てなければいけません。

ルートを組む上で使うツールはグーグルマップ一択です。

googlemap

グーグルマップ店舗を選択して、保存という場所を押すと、『スター付き』『行ってみたい』『お気に入り』と3つ出てきます。

新品のお店、中古のお店などで色分けしルートを組むことをおすすめします。

せどり初心者におすすめな販売先

せどり初心者におすすめな販売先は大きくわけて2つあります。

・フリマサイト
・Amazon

フリマサイト

フリマサイトは一つアカウントを作っておくことをおすすめします。

有名なフリマサイトは、メルカリ、ラクマ、ヤフーオークションあたりとなります。

最初は登録者多いメルカリでよいと思います。

メルカリ

ラクマ

ヤフーオークション

Amazon

そこそこ稼いでいきたいと思たら販売力のあるAmazonセラーを登録することをおすすめします。

AmazonはFBAというシステムを使うと、Amazonに商品を納品すると配送、返品対応を全てAmazonが行ってくれます。

業務の効率化を図るためにも、Amazonのアカウントを作ることをおすすめします。

せどり初心者におすすめな仕入れ先

せどりにおすすめな仕入れ先をご紹介します。

・ドンキホーテ
・ヤマダ電機
・ブックオフ
・ハードオフ

新品仕入れ先

初心者の新品の仕入れ先は、下記の2チェーンから始めることをおすすめします。

ドンキホーテ

ドンキホーテはほとんどの方がご存知だと思います。

ドンキホーテでは、新品をメインにあらゆるジャンルの仕入れを行うことができます。

安定して収益をあげたい方は、ドンキホーテの日用品の仕入れがおすすめです。

1つではなかなか利益商品が見つからないですが、複数販売ですと多くの利益商品を見つけることができます。

僕の場合は、ドン・キホーテでは日用品の仕入れをメインに行っております。

ヤマダ電機

ヤマダ電器もご存知の方が多いと思います。

ヤマダ電機では、おもちゃの仕入れがおすすめです。

おもちゃは常に30%オフ、ポイント10%還元を行っております。

利益商品を1つ見つければ、複数個販売することができることが新品の特徴です。

中古品仕入れ先

ブックオフ

ブックオフはご存知の方は多いと思いますが、本、ゲーム、おもちゃ、家電、洋服など中古製品を扱っている巨大中古ショップです。

ブックオフスーパーバザーなどに行けば、幅広い商品を仕入れることができます。

特に、本、おもちゃ、洋服などは資金がそれ程なくても高い利益率を上げることができます。

500円仕入れで2980円〜3980円で販売できる商品などはざらにあります。

ハードオフグループ

ハードオフ、ホビーオフ、オフハウス、モードオフなどがある
日本最大のリユースチェーンです。

ハードオフでは、ゲーム、家電などをメインに仕入れができます。

ホビーホフでは、おもちゃ、フィギュアなどをメインに仕入れができます。

オフハウスでは、洋服、子供用のおもちゃなどをメインに仕入れができます。

モードオフでは、洋服、ブランド物などをメインに仕入れができます。

得意なまたは、興味のある分野の仕入れを行うことができるチェーンとなります。

せどりを始めたての方は、ハードオフのジャンクコーナーの動作確認済みの商品を仕入れることをおすすめします。

ものによっては、数百円の商品を数千円で販売することができるので、資金が少ない方におすすめの仕入れ方法となります。

【重要】せどり初心者の仕入れ基準

せどり初心者の仕入れ基準をご紹介します。
せどりで収入を得る上で、ここが一番重要となります。

・商品の回転が速い
・高利益率
・仕入れ額が安い

商品の回転が速い

せどり初心者の方は、回転が速い商品を仕入れることが大前提です。

仕入れた商品がなかなか売れなければ、在庫を多く抱えることとなりリスクを伴いキャッシュの回収が間に合わなくなります。

仕入れた商品をできるだけ早く販売して、また新しい商品を仕入れる回転率はとても大切な要素となります。

高利益率

高利益率の商品を仕入れることは大切です。少なくても利益率20%以上の商品を仕入れることをおすすめします。

慣れてきたら、回転が良かったり寝かせることで利益率を上げることができるのですが、上級テクニックは
経験を積んでから挑戦することをおすすめします。

利益率がよいと、少ない資金でお金を多く残すことができます。

仕入額が安い

せどり初心者の大半は、初期費用が少ないため仕入れ額が安く、利益率が高い商品を仕入れることをおすすめします。

たまった資金を複利で回して、利益を拡大していくビジネスがせどりです。

資金力と相談して仕入れを考えていくことは、せどりで稼ぐためには大切な要素となります。

せどりを始める上での注意点

せどりを始める上での注意点を解説します。

・確定申告が必要
・古物商が必要

確定申告が必要

せどりに関わらず副業をするのであれば、所得が20万円を超えた場合、確定申告が必要となります。

会社員や公務員などは、会社が行ってくれるため必要ないですが、個人事業主は確定申告が必須となるので注意が必要です。

古物商が必要

古物商とは、個物営業法に規定される個物を業として売買または交換するために必要な免許となります。

せどりを始める最初の段階では必要ないですが、中古品を販売する上で必要な免許となります。

警察署に必要書類を提出すれば、取得することができます。それ程手間ではないので、はやめに取得しておくことをおすすめします。

面倒な方は、行政書士にお願いすれば2~3万程度で取得してくれます。

せどりで稼ぐためのコツ

せどりで稼ぐためには、行動することが一番大切です。

どんなビジネスも同じですが、行動して情報収集し改善することの繰り返しです。

数ある情報の中から、情報を選ぶことが難しい方は、コンサルを受ける選択もありでしょう。

【まとめ】せどりとは?せどりを始める上で、基本の流れと注意点を解説

僕は、色々なビジネスに挑戦(ブログ、ライティング、ネットワークビジネス、営業代行)してきましたが、せどりが一番収益を上げやすいビジネスだと思います。

もちろん生半可な気持ちで稼ぐことは難しいですが。

せどりで資金力を付け、ビジネスを色々な方向転換することができます。

また、副業5.10.20万稼ぐ上でもっともおすすめなビジネスです。

是非、興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

LINE@ではせどりに役立つ情報を配信しています。登録して行動に移してみて下さい。