せどりに使えるおすすめツール【無料有料ツールを細かく解説】

せどり初心者向け
こんな悩みを解決します
✓せどりを始めたいけどどのツールを使えばいいかわからない
✓せどりで稼ぐためにおすすめのツールを知りたい
✓作業を効率化するためのツールをしりたい

せどりで稼ぐためには、効率化が大切です。

効率化するためにも、どのツールを使うかはとても重要なことです。

ツールを使うことで時間を買うことができます。

有効な時間をつかうことで芋ずる式に収入はあがっていきます。

副業などでせどりを始める方にとっては、時間をどう効率的に使うかは大切な要素となります。

是非、ツールをうまく使いこなし、収入を上げていって下さい。

せどりに役立つ情報をプレゼントしているので、是非見てみてはいかがでしょうか。

動画や耳だけで聞きたい方は、下の動画を見てみて下さい。

せどりに使えるリサーチツール

せどりに使えるリサーチツールをご紹介します。

・keepa
・キーゾン
・DELTAtracer
・Amazon Seller
・アマコード
・モノサーチ

keepa 月額15ユーロ(約1,900円)

keepaは商品をリサーチするうえで必須ツールとなります。

月額が15ユーロ(約1,900円)かかりますが、せどりを行う上では必須ツールです。

商品の売れ行き、価格の推移などが見れるツールです。

詳しくは動画をご覧ください。

@kazuma0924

#せどり#中古品せどり#keepa

♬ オリジナル楽曲 – カッちゃん社長せどらー – カッちゃん社長@せどらー

キーゾン(無料)

キーゾンはkeepaの販売個数を確認できるツールとなります。

またどのタイミングで売れたかを詳しくみることができるツールとなります。

今は使えなくなってしまいましたが、モノレートに似た形で分析することができるツールです。

無料なので、キーパでは分析しきれない情報を見るために使えるツールなのでおすすめです。

DELTAtracer(月額2,200円)

以前は無料でしたが、現在は有料となっています。

個人的には店舗、電脳せどりどっちも使い勝手がよいkeepaがあれば必要ないと思いますが、keepaが使いにく方にとっては調歩すると思います。

国内ツールで日本語に対応していますし、売れ行きも数字でしっかり確認することができるので初心者には使いやすいツールかと思います。

いずれせどりで大きく稼いでいこうと思っている方は、keepa一択でよいと思います。

FBA料金シミュレーター(無料)

FBA料金シミュレーターはAmazonが公式公開しているツールとなります。

Amazonの商品ページからFBA料金シミュレーターに飛ぶと自動で商品の検索を行ってくれます。

そのページで売値と仕入れ額を入力すると、自動で利益、利益率を計算してくれるツールとなります。

Amazonはジャンルによって手数料が違うため、最初はこのツールを使って計算することをおすすめします。

慣れてくれば、見た感じでいくら利益が取れるかがわかってくるので、それまではFBA料金シミュレーターにたよりましょう。

Amazon Seller(無料)

Amazonセラーセントラルのアプリをつかうことによって、スマホから商品の出品や在庫の管理、出荷通知の管理などを行うことができます。

特に、店舗せどりをやる方は重宝するアプリになるとおもいます。

店舗せどりを行う上で、必須ツールです。

Amacode(アマコード)無料 一部有料月額4,980円

アマコードは商品のJANコードを読み取り、読み取った商品ページからAmazonに飛んだり、keepaに飛んだりすることができるアプリです。

一部無料で追加機能を増やすと月額4,980円です。

最初は無料でよいと思います。

商品をリサーチするためには必須ツールとなります。

店舗せどりを行う方は無料なので、必ずインストールしておきましょう。

詳しい使い方は動画を見てみて下さい。

@kazuma0924

#せどり#中古せどり#Amacode#アマコード#ツール

♬ オリジナル楽曲 – カッちゃん社長せどらー – カッちゃん社長@せどらー

モノサーチ

モノサーチをグーグルクロームの拡張機能に入れることによって、下の写真のように各ショップでいくらで商品が出ているかAmazonの商品ページで確認することができます。

ここからショップに飛ぶこともできます。

下の写真のようなバーを出すことができ、各ショップの商品ページにワンクリックでアクセスすることもできます。

電脳せどりでは、効率的にリサーチをすることができるようになります。

せどりに使えるその他無料ツール

せどりに使えるその他無料ツールをご紹介します。

・グーグルマップ
・価格ドットコム
・フリマウォッチ

グーグルマップ(無料)

グーグルマップを使うことにより、店舗の場所を調べたり『リストに保存』という機能を使って、店舗をチェックしておくことができます。

店舗せどりを行う上では必須ツールとなります。

下の写真が僕のグーグルマップです。

せどり始めたては、よく回るブックオフ、ハードオフ、ドンキ、ヤマダ電機などをチェックしていました。

価格ドットコム(無料)

価格ドットコムを使うことによって、オンラインショップの最安値を把握することができます。

電脳せどりでのリサーチに使うことができます。

リサーチ方法下記の動画をご覧ください。

@kazuma0924

#せどり#価格ドットコム#副業

♬ Parade der Zinnsoldaten / Hammond Organ(822574) – KeySets

フリマウォッチ(無料)

フリマウォッチは商品名、価格の上限などを設定して、設定価格以下の価格で商品が各フリマサイトで出品されたら通知がくるアプリとなります。

使い方は下の動画で解説しています。

@kazuma0924

♬ Bluma to Lunch – BLOOM VASE

せどりに使えるその他有料ツール

せどりに使えるその他無料ツールをご紹介します。

・プライスター
・マカド
・セラースケット
・ワカルンダ
・トレジャーパーフェクト

プライスター(月額5,280円)

プライスターは多くのAmazonセラーに使われているツールとなります。

プライスターを使うことにより、自動で価格改定や利益計算などをすることができるツールとなります。

せどりで稼いでいくためには、必ず入れておきたいツールです。

詳しくは下記の記事を見てみて下さい。

マカド

マカドはプライスターと同じような機能が備わったツールとなります。

個人的にはプライスターをおすすめしているので、プライスターを使っていけばいいかと思います。

30日の無料期間があるので気になる方は両方試してみて、使いやすい方をつかっていくことをおすすめします。

セラースケット(月額2,480円※コースによって価格変動します)

セラースケットはAmazonの真贋調査などのアカウント停止時に緊急サポートしてくれるツールとなります。

アカウントの保険のようなツールとなります。

アカウントを作って1年以内は、真贋調査などがランダムでくるケースもあります。

そういった対策のためにも、セラースケットはおすすめのツールとなります。

最近は仕入れ、出品、価格改定などの機能も追加されています。

価格改定は別途月額500円かかります。

ワカルンダ

ワカルンダを使うことによって、仕入商品の危険度を調べることができます。

せどりを始めたばかりのころは商品知識がないため、ワカルンダのアプリで商品を調べてから出品すれば安心です。

トレジャーパーフェクト(初月9,800円月額3,980円)

トレジャーパーフェクトはプレミアになっている商品を抽出してくれるツールとなります。

Amazonの価格が市場の定価から値上がりしている商品を自分で設定した上げ幅で抽出してくれるので、仕入には役立つツールとなります。

資金がそれ程ない初心者は、まずはキーパやプライスターなどから使い、ある程度の利益が上げれるようになったら使っていくのもありかと思います。

しっかり使うことができれば、月額料金ぐらいは簡単に回収することができます。

【まとめ】せどりに使えるおすすめツール

せどりを行う上でツールを上手く使いこなし、作業を効率化することは大切です。

特に初心者のうちは、リサーチスピードが重要になってくるため、ツールを上手く使いこなし商品の相場観をしっかり把握していきましょう。

商品の相場観がわかってくると芋ずる式に利益商品が見つかるようになり、利益も飛躍的に拡大することができます。

是非、ツールを上手く使いこなしせどりで稼いでいって下さい。

せどりに役立つ情報をプレゼントしているので、是非見てみてはいかがでしょうか。