ハードオフせどりの攻略法【初心者がリサーチするべきポイントをご紹介】

せどり
こんな悩みを解決します
✔️ハードオフでせどりはできるの?
✔️ハードオフせどりのおすすめジャンルを知りたい
✔️ハードオフせどりのリサーチのコツを知りたい
✔️具体的な利益商品はどのようなものがあるのか知りたい
✔️ハードオフネットモールの電脳せどりの方法を知りたい

中古せどりを行う上で、ハードオフせどりは必須と言っても良いほど仕入れがしやすいチェーンとなります。

僕も、月商500万達成するまではハードオフせどりをほぼ毎日行っていました。

これから、中古せどりやハードオフで仕入れを行って行きたいと考えている方におすすめな記事となっております。

ハードオフせどりのメリット

ハードオフせどりメリットは大きくわけて2つあります。

・数百円仕入れ商品が数千円で売れる【利益率が高い】
・リサーチ方法がシンプル

数百円仕入れ商品が数千円で売れる【利益率が高い】

中古せどりの特徴は、利益率が高い商品を仕入れることができます。

ハードオフのジャンクコーナーなどでは、数百円で仕入れ、数千円で売れる商品は多くあります。

店頭に在庫が多くなり、陳列できないなどの理由でジャンクコーナーに移動するケースも多く見られます。

せどり初心者で、それほど資金がない場合、利益率は大切な指標となりますので、ハードオフはおすすめの仕入れ先の1つとなります。

リサーチ方法がシンプル

ハードオフはブックオフスーパーバザーなどと比べ店舗がそれほど広くない為、リサーチがシンプルにできます。

せどりを始めたばかりですと、何からリサーチして良いかわからないです。僕も闇雲に全頭していたので。。。

ハードオフは商品をチェックするポイントも限られているので、シンプルにリサーチをすることができます。

ハードオフせどりのデメリット

ハードオフせどりのデメリットは大きくわけて2つあります。

・縦済みができない【大量仕入れができない】
・納品に手間がかかる

縦済みができない【大量仕入れができない】

ハードオフでの仕入れは中古品となりますので、一期一会の出会いとなります。

その為、同じ商品を複数仕入れることは困難となります。

新品ですと、利益商品を見つければ同じ商品を複数仕入れることができますが、中古商品の場合1つ限りとなります。

納品に手間がかかる

ハードオフでの仕入れは中古品となる為、新品に比べて納品の手間がかかります。

・値札剥がし
・動作確認
・状態確認
・写真撮影
・商品コンディションの説明文
・出品
・納品

上記の一連の作業を行って納品する必要があります。

手間がかかる分、ライバルの参入も少ないですし、利益率が高いという特徴があるので中古品です。

ハードオフせどりで仕入れるべきおすすめ商品

ハードオフで仕入れるべきおすすめ商品は5つあります。

・ゲーム
・家電
・スピーカー
・レコーダー
・パソコン周辺機器

ゲーム

ゲームのメリットは3つです。

・回転が速い
・需要が高い
・相場が安定している

ハードオフのゲームはブックオフなどと比べて少し高いイメージです。

しかし、品揃えは良いためショーケースなどにお宝商品が眠っているケースも多く見られます。

家電

ハードオフの家電は品揃えもよく、利益商品も多く見られます。

特に季節商品などは利益を取れる傾向にあります。

家電商品は高回転の商品が多く、仕入れ商品も多いため積極的にリサーチすることをおすすめします。

未使用品と書いてある家電も多く、未使用品は売れ行きもよく、利益が取れることも多いためリサーチしてみて下さい。

スピーカー

ハードオフのスピーカーの品揃えは抜群です。

スピーカーは外箱がなく型番検索になることが多いです。

手間がかかる分ライバルもリサーチしていないケースが多いです。

大手メーカーのヤマハ、ソニー、BOSE、ONKYOなどをメインリサーチしていくと良いでしょう。

Amazonで販売する場合、出品規制がかかっているケースも多い為、確認してから仕入れを行ないましょう。

レコーダー

レコーダーもスピーカーと同じように型番検索になるケースが多いです。

ハードオフはスピーカーと同様、レコーダーの品揃えもかなり良いです。

品揃えが良いだけに、何からリサーチしてよいかわからないと思います。

スピーカーと同様、売れ筋メーカーからリサーチしてみて下さい。

レコーダーは、パナソニック、ソニー、東芝などがおすすめとなります。

パソコン周辺機器

パソコン周辺機器は、ハードオフせどりに関わらず鉄板商品となります。

回転もよく、仕入れ金額もそれほど高くないものが多いため、初心者にもおすすめのジャンルとなります。

ルーター、ペンタブレット、キーボード、マウスなどの有名メーカーをリサーチしてみて下さい。

ハードオフせどりで仕入れるべき時期

ハードオフせどりで仕入れるべき時期は次の3つです。

・決算セール(3月)
・クリスマスセール
・年末

決算セール

企業は決算時には、在庫を処分して売り上げを計上したいと考えている為、決算セールは仕入れ時です。

二重に値札を貼ってあったり、○○%オフの値札も多くみられる為、仕入れチャンスとなります。

ハードオフの決算は3月なので、2月〜3月にセールを行っていることが多いです。

クリスマスセール

クリスマスの時期は、せどらーの売り上げが上がるのと同じで、ハードオフも売り時です。

ですので、○○%オフという値札を多く見かけるようになります。

割引が効いているので、普段仕入れ商品ではなかった商品が仕入れできたりします。

年末

年末は大掃除などで処分したい物が増える傾向にあります。

その為、ハードオフなどに売りにくるお客さんが増えるのです。

商品を売りに来るということは、店頭に在庫が増えます。

在庫が増えれば、商品の回転を早くしたいと店舗は考える為、セール商品が多くなったり、リサーチできる商品が増える為、仕入れがしやすくなるのです。

ハードオフせどりでのリサーチのコツ

ハードオフせどりリサーチのコツは次の4つです。

・値札の見分け
・ショーケース
・型番検索
・ジャンクコーナー

値札を見分ける

上の写真のような赤値札や、新品商品は適正価格をしっかりチェックして商品を販売している傾向にあります。

これからせどりを始めようと思っている方は、この値札はリサーチしなくてもよいです。

利益商品があることもありますが、極めて確率は低いので別の値札をリサーチすることをおすすめします。

慣れてきて、商品リストが出来上がってきたら、リサーチもありです。

しかし、稀に未使用品があります。未使用品はAmazonのコンディションですとほぼ新品で出すことができるので、仕入れ商品なるケースもあります。

未使用品は赤値札だったとしてもリサーチしてみるのもありでしょう。

ショーケース

ショーケースはライバルがリサーチしていない商品が多い為、おすすめです。

JANを直接読むことができない為、型番検索になるので少し手間ですが、利益商品が多い為僕もよく検索しています。

特にゲームやパソコン周辺機器、ヘッドホンなどでショーケースに入っているものは利益商品が多い傾向にあります。

気になった商品がショーケースに入っていたら、積極的にリサーチすることをおすすめします。

型番検索

外箱がない家電、スピーカー、レコーダーなどはJANがなくリサーチに手間がかかる分、利益商品が多い傾向にあります。

ショーケースの商品同様、ライバルがリサーチしていない傾向にあるので型番検索はおすすめです。

商品が多すぎて何からリサーチしていいかわからない場合は、有名メーカーからリサーチして行きましょう。

先ほども解説しましたが、スピーカーなら、マハ、ソニー、BOSE、ONKYOなど。

レコーダーならパナソニック、ソニー、東芝などの王道メーカーからリサーチすることをおすすめします。

ジャンクコーナー

ジャンクコーナーの狙い目の商品は『チェック時動作しました。』『置場がない為ジャンクに移動』など記載している商品があります。

基本的にジャンクコーナーは故障している商品が多いのですが、稀に正常に動作できる商品が置いてあります。

ジャンクコーナーに移動されると、値段が急激に安くなる為、動作が確認できている商品は大きく利益が取れる傾向にある為おすすめです。

ハードオフせどりで実際に仕入れた商品のご紹介

ハードオフせどりで実際に仕入れた商品をご紹介します。

参考にしてみて下さい。

アイリスオーヤマ 食洗機 食器洗い乾燥機

少し大きめな家電となりますが、僕の場合利益がそれなりに取れるものでしたら送料負けしないので仕入れ対象としています。

発送方法は自己発送です。

仕入れ金額16,500円
送料2,080円
販売金額26,380円
利益4,898円

バッファロー Wi-Fi中継機 11ac 866+300Mbps

パソコン周辺機器は狙い目です。

パソコン周辺機器は仕入れ金額もそれほど高くないのでおすすめです。

仕入れ金額2,530円
販売金額4,980円
利益1,591円

Canon スキャナー フラットベッド カラー CANOSCAN LIDE 400

スキャナー、プリンターなども利益が取れる商品が多いです。

商品の売れ行きもかなり良いのでおすすめです。

仕入れ金額5,500円
販売金額7,980円
利益1,230円

カシオ ラベルライター ネームランド i-ma スマホモデル

テプラなども利益が出る商品が多いです。

有名メーカーは積極的にリサーチすることをおすすめします。

仕入れ金額1,881円
販売金額5,480円
利益2,274円

ハードオフポイントをうまく利用しよう

ハードオフアプリは、ランクによってたまるポイントが異なります。

下記の通りです。

・レギュラー
お買い上げ時0.5%
買取時1.0%

・ロイヤル
お買い上げ時0.5%
買取時2.0%

・ゴールド
お買い上げ時1.0%
買取時3.0%

・オフマスター
お買い上げ時1.0%
買取時4.0%

せどりは多くの商品を仕入れるため、ポイントはバカになりません。

月50万仕入れるのであれば、月5,000ポイント、年間60,000ポイント
月300万仕入れるのであれば、月30,000ポイント、年間360,000ポイントたまります。

ハードオフネットモールで電脳せどりがおすすめ

ハードオフのネットモールで仕入れをすることができます。

ハードオフの店舗せどりで仕入れができるようになってきたら、得意な分野を絞ってネットモールでリサーチしていくことをおすすめします。

商品の相場をなんとなく覚えていれば、数ある商品からリサーチするべき商品がわかってきます。
ハードオフネットモールで月10万ぐらいの見込み利益でしたら、慣れてくれば割とできるようになります。

ハードオフせどりで注意する点

ここまで様々な仕入れ方法をご紹介してきましたが、ハードオフせどりで注意する点を解説します。

ここさえ押さえておけば、問題ないでしょう。
・ジャンク品は必ず動作確認
・古物商の取得

ジャンク品は必ず動作確認後出品しよう

ジャンク商品は利益が出る商品が多い反面、故障している商品も多いです。

故障している商品を出品してしまうと、クレームの原因になったり、悪い評価をつけられてアカウントに傷がついてしまったりします。

動作確認済みの商品以外は、必ず動作確認後、出品することを心がけましょう。

古物商を取得しよう

中古品を販売するためには、古物商という免許を取得する必要性があります。

警察署に必要書類を提出すれば、取得することができます。それ程手間ではないので、はやめに取得しておくことをおすすめします。

面倒な方は、行政書士にお願いすれば2~3万程度で取得してくれます。

【まとめ】ハードオフせどりの攻略法

ハードオフせどりの攻略本をご紹介してきましたが、最初は何からリサーチして良いかわからず、なかなか利益商品が見つからないと思います。

僕もそうでした。

最初は大変ですが、知識を吸収しながら行動して行けば必ず利益商品は見つかります。

利益商品が見つかり、商品リストが増えてくればどんどん仕入れができるようになります。

ライン@でもせどりに関する濃い情報を発信しているので、興味がある方は登録してみてはいかがでしょうか。